見えるカメラ Simple

お問い合わせ

全国対応!いつでもどこからでも確認できる防犯カメラ ライブカメラサービス | 撮影画像管理システムとサーバのシンプルサービス

安全上の御注意 ※必ずお守りください

人への危害、財産の損害を防ぐ為、必ずお守りいただくことの説明になります。
※ 設置機材を御自身で用意された場合、各機器の説明書に従って御利用ください

危険 死亡や重傷を負う恐れが大きい内容

分解や改造をしない
発熱や発火、感電の原因になります。
直射日光や高温、多湿、火気の近くで使用や保管をしない
発熱や発火、変形、破損の原因になります。
異臭や本体の発熱、変形、変色などの異変に気付いたら使用を続けない
発熱や発火、変形、破損の原因になります。

警告 死亡や重傷を負う恐れのある内容

水やその他の液体を入れたり、それらで濡らしたりしない
発熱や発火、感電、故障の原因になります。
異物、金属製製品を入れたりしない
発熱や発火、感電、故障の原因になります。
小さなお子様の手の届くところで使用、保管をしない
感電や怪我の原因になります。
断線したケーブルを使用しない
発熱や発火、感電、故障の原因になります。

注意 軽傷を負うことや、財産の損害が発生する恐れのある内容

衝撃や振動を与えたりしない
発熱や発火、感電、怪我、故障の原因になります。
密閉された場所、目の届かない場所で使用しない
発熱や発火の原因になります。
-10℃~40℃以外の場所で使用しない
発熱や発火、故障の原因になります。
使用後は本体から電源ケーブルを外す
バッテリー使用時にバッテリー消耗の原因になります。
発熱時は電源ケーブルを外してしばらく放置し冷やす
発熱したまま使用すると発熱や発火、故障の原因になります。

使用上の御注意 ※必ずお守りください

設置機材などの制作をオプションにてご注文いただいた際の
人への危害、財産の損害を防ぐ為、必ずお守りいただくことの説明になります。
※ 合わせて各製品の説明書も御確認ください
※ 設置機材を御自身で用意された場合、各機器の説明書に従って御利用ください

分解禁止

撮影機材や通信機材等の分解、開封は、発熱や発火、感電、怪我、故障の原因になりますのでおやめください。
各種機材に銀色のシール「開封禁止シール(セキュリティーシール)」が貼られている場合には、絶対に剥がさないでください。
「開封禁止シール」を剥がしてしまった場合には、50,000円を請求させていただく場合があります。
また、再設定費用が新規御契約時と同額必要になります。

発熱や異臭など、製品に異常を感じた場合には、「お問い合わせ」からご連絡お願い致します。
各種機材や付属品を飲み込んだ場合には、直ちに医療機関で治療を受けてください。
海外で使用する場合には、御使用のアダプタが現地の電源に対応していることを確認の上、それぞれの取扱説明書や使用上の注意にしたがって御利用ください。

基本システム利用方法

オプションサービス「撮影システム制作」を利用せず
撮影画像のメール送信機能のあるネットワークカメラや自作機器を御利用の場合の使い方になります。

  1. メールに記載の画像送信用メールアドレスを御利用の機器に設定してください。
  2. 機器の動作を開始してください。
  3. メールに記載のアドレスにてサーバに保存された撮影画像を確認することができます。
  4. コントロールパネルよりサーバに保存された撮影画像の削除などを行うことができます。
  5. 撮影画像の保存量が御契約仕様いっぱいになったら古いものから自動的に削除されます。

USBメモリー版利用方法

オプションサービス「撮影システム制作(パソコン版)(USBメモリー発送)」を選択時の使い方になります。

  1. お送りした「USBメモリー」をパソコンへ接続してください。
  2. パソコンにWebカメラ(USBカメラ)を接続してください。
  3. パソコンにLANケーブルと電源を接続してください。
    ※パソコン内蔵の無線LANは機種により使えるものと使えないものがあります。
    ※無線LANコンバーターとLANケーブルの組み合わせは利用可能です。
  4. USBメモリーから起動してください。
    ※USBメモリーからの起動方法(USBメモリー ブート)はメーカーなどへお問い合わせください。
  5. アカウントおよびパスワードにてログインしてください。
  6. 「LXTerminal」を起動し「sudo motion start」と入力し「Enter」→パスワードを入力→動作を開始します。
  7. メールに記載のアドレスにてサーバに保存された撮影画像を確認することができます。
  8. コントロールパネルよりサーバに保存された撮影画像の削除などを行うことができます。
  9. 撮影画像の保存量が御契約仕様いっぱいになったら古いものから自動的に削除されます。

microSDカード版利用方法

オプションサービス「撮影システム制作(Raspberry Pi版)(microSDカード発送)」を選択時の使い方になります。
※「Raspberry Pi(B+)+Camera Module V2」による撮影送信システムになります。

  1. お送りした「microSDカード」をご用意されているRaspbery Piへ入れてください。
  2. Raspberry Piにカメラモジュールを接続してください。
  3. Raspberry PiにLANケーブルと電源を接続し起動してください。
  4. 起動完了後、自動的に撮影が開始されます。
  5. メールに記載のアドレスにてサーバに保存された撮影画像を確認することができます。
  6. コントロールパネルよりサーバに保存された撮影画像の削除などを行うことができます。
  7. 撮影画像の保存量が御契約仕様いっぱいになったら古いものから自動的に削除されます。

Raspberry Pi版利用方法

オプションサービス「撮影システム制作(Raspberry Pi版)」を選択時の使い方になります。
※「Raspberry Pi(B+)+Camera Module V2」による撮影送信システムになります。
※専用ケースに本体、カメラ、microSDカードをインストール済みです。

  1. 本体にLANケーブルを接続してください。
    ※USBモデムおよび通信SIMカードもお申し込みの場合にはそちらを接続してください。
  2. 本体に電源を接続し起動してください。
  3. 起動完了後、自動的に撮影が開始されます。
  4. メールに記載のアドレスにてサーバに保存された撮影画像を確認することができます。
  5. コントロールパネルよりサーバに保存された撮影画像の削除などを行うことができます。
  6. 撮影画像の保存量が御契約仕様いっぱいになったら古いものから自動的に削除されます。

故障かな?と思ったら

不具合や故障が疑われる場合には、お問い合わせ前にこちらも御確認ください。
撮影システムをご契約者様御自身で組まれた場合やオプション機材の仕様変更を御自身で行う場合、それらの不具合や故障に伴う技術的な御質問など、有料サポートを避けるために「よくあるご質問」と合わせて御確認ください。
有料サポートは1案件(メール2~3通程度)あたり 2,200円(税込)になります。

電源が入らない(Raspberry Pi)
電源の容量不足
→最低電源 5V 1A 推奨電源 5V 2A以上のUSB電源を利用してください。
指定の撮影画像確認ページやコントロールパネルで画像が表示されない
ネットワークトラブル
→ネットワークが正常か確認してください。
→有線LANにて動作を確認してください。
→(Raspberry Pi)電源を一旦切り、5分以上時間を開けて電源を入れて再度確認してください。
画像に表示されている時刻が合っていない
(USB版、microSDカード版、Raspberry Pi版)時刻はインターネット経由で自動修正されます。
→インターネット接続が正常にされていることを確認の上、電源を入れなおしてください。
→起動後、最初の画像では時刻が合っていないことがあります。
画像に表示されている時間がずれる
撮影機材の熱暴走や電源の不足(Raspberry Pi)
→熱の篭った状態で使用した場合、想定上限温度(40℃)を超えることがあります。
 風通しの良い場所で時間を空けて電源を入れなおしてください。
→最低電源 5V 1A 推奨電源 5V 2A以上の電源を利用してください。
「過去撮影画像一覧」に表示される画像の順番が入れ替わる
機材設置場所のネットワークの混雑状況や通信速度により順番が入れ替わることがあります。
→ネットワークの状態や通信速度を確認してください。
→混雑が解消されると順番の入れ替わりは解消されます。

お問い合わせ

異常を感じたり製品に不具合があった場合などは、直ちに使用を中止し、お問い合わせからご連絡ください。
その際には、必ず以下の記載もお願い致します。
・ご契約アカウント
・お名前
・具体的な不具合の内容
メニューのお問い合わせまたはこちらからお願い致します → お問い合わせフォームをご利用ください。

修理対応について

撮影機材や通信機材の制作をオプションよりお申し込みいただいた場合、各機材の修理をお受けできる場合があります。
※ユーザー様が御自身でご用意された機材の場合には、各メーカーへ修理依頼をお願いします。

基本システム
設置機材の不具合などは各メーカーへお問い合わせください。
サーバシステムの不具合は「 見えるカメラ 」へお問い合わせください。
USBメモリー版
USBメモリーへのシステムの再構築を行わせていただきます。
※USBメモリー送料込み再構築費用 5,000円
microSDカード版
microSDカードへのシステムの再構築を行わせていただきます。
※microSDカード送料込み再構築費用 5,000円
Raspberry Pi版
本体を送っていただき機材の試験およびシステムの再構築を行わせていただきます。
※こちらへの発送費用はご負担ください
※故障診断の結果により費用のお見積もりを行います( 送料込み 5,000円~ )

取扱説明書 目次

ページのトップへ戻る